つづけられずに挫折する人が最初に取り組むこと 

投稿日:

スポンサードリンク
 





スポンサードリンク

”つづかない”を招く、意外な部位

人は、「腑に落ちたもの」には自信を持ち、

長く続けることができます。

 

ですから、

 

ものすごく勉強した分野や、

かなり頑張って練習したものには

確信度が高まっているので、継続します。

(確信度を持つあまり、途中でやめて
方向転換ができないこともあります)

 

しかし、そもそも続けられない人というのは

“ものすごく勉強する”か“かなり練習する“などの

領域に達することができません。

 

 

では、人が「腑に落ちる」ということを

別の方法で得られないだろうか?

 

 

これは仮説になってしまうのですが、

僕はそれが出来るだろうと思っています。

 

 

たとえば、納得感というものは、

小脳に認知が起こることによって生じる

といわれています。

 

そして、小脳は小腸との関係が強い組織でも

ありますから、

 

小脳で得た強い納得感によって生じた、

小腸の反応を昔の人は

 

「腑に落ちた」

「腹に落ちた」

スポンサードリンク

 

などと表現していたのではないかと思います。

 

 

ですから、

 

小脳のダメージを減らすことによって、

腑に落ちるという身体性を回復し、

 

継続しやすい体質を作れるだろうと考えています。

 

 

ただ問題があります。

 

それは、小脳が弱っている人ほど、

これを実践してくれないということです(笑)

 

小脳で「腑に落ちた」感じを得るのですから、

ここが弱っているとあらゆることに納得がいかない。

 

 

すぐに「信じられない」「信用できない」と始まり、

少しやったところで「効果がなかった」と言って

やめてしまいます。

 

信じられるか、信用できるか、は二の次です。

実際に効果があるかどうかが重要で、

その点以外のことでは、人生は変わりません。

 

世の中には、継続するための手法がたくさんあり、

そのうち紹介していこうと思っていますが、

 

同時に、小脳と小腸の連関をケアすることも

始めてみておいてください。

 

簡単なところでは、グルテンフリーだと思います。

このような準備がされていて、
初めて効果を感じられることも多いです。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク
 





-ブログ

Copyright© あらゆる不調をなくす毒消し講座 , 2020 All Rights Reserved.