「やったことがないので、はじめられません・・・」

投稿日:

スポンサードリンク
 





スポンサードリンク

経験がないから、できない。

中高生男子の性への興味の多くは、
経験がないところから始まります。

これは別に下ネタの話を
しているのでなく、

 

普通は、経験がない(浅い)からこそ、
興味がわくものなのだ、
ということを説明しています。

 

つまり、

 

「やっとことがないから・・・」

「経験がないので・・・」

といったことを理由にして、
なかなか始められないというのは、

 

おそらくですが、
本当の理由ではありません。

 

では、なぜこのように考えて
しまうのか?といいますと、

簡単に2つだけご紹介します。

 

はじめられない理由  その1

ひとつめは、「見栄」です。

 

「見栄」で何かをやろうとして
いるだけで、実のところ、
たいして興味がないのだと思います。

 

「これをやれば〇〇さんに勝てる」
「あれができれば皆に自慢できる」
「こうしたらバカにされないで済む」

 

といったことが動機になっている。

これを「やりたい」と思っていると、
誤認しているのだと思われます。

 

というのは、

世間では

「"need"よりも"want"」

のようなことが言われています。

 

しかしながら、
おそらくこれは反対です。

 

"want"はむしろ見栄に近く、

"need"は使命感や本当にやりたいこと
などのように「かりたてられるもの」
に近いのだろうと思います。

 

一方、「見栄」は低次欲求ですので、
動くことは、もちろん難しいです。

スポンサードリンク

 

 

はじめられない理由  その2

ふたつめは、「身体性の低下」
もしくは「内発性の低下」です。

 

簡単に言ってしまえば、
「自分の心がわかっていない」
「身体が欲しているものが不明」
という状況です。

 

多くの人たちが、この2番目の理由で
自分ができないのだと考えがちに
なるのですが、

 

ほとんどの場合、
「見栄」であることの方が多いです。

 

このようなことを言われると、
「そんなことはない」と反発心が
生まれてしまうものなのですが、

見栄をはる人は、
自分にも見栄をはるので、

「そんな低レベルなことはしない」
というように、自分に言っている
かもしれません。

 

いずれにしましても、

身体性・内発性を取り戻すには
とてつもなく時間がかかりますので、

 

まずは

「見栄で始めようとしていないか?」

ということを、よく考えてみてください。

 

人生は有限なのですから、
こういった動機で始めてしまわないよう
よく注意していただけたら幸いです。

 

なかなか始められないことに
悩むよりも、

ちょっとスゴそうに見える人に
言われたくらいで、尻尾を振って
やり始めてしまう方が、

もしかしたら、恐いのでは
ないかな?

という視点も持ち合わせて
よりよい人生を歩んでいただけたら
と思います。

スポンサードリンク

 

 

スポンサードリンク
 





-ブログ

Copyright© あらゆる不調をなくす毒消し講座 , 2020 All Rights Reserved.